歯周病治療

津高台グリーン歯科 >> 歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐきのまわりを含めた病気で、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)から入った細菌が炎症を引き起こし、歯ぐきの中にある歯槽骨(顎の骨)を溶かしてしまう病気です。

歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、歯磨きをすると血が出るのですが、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、膿が出たり歯がグラグラしてきます。そうなると痛みや腫れを伴い、そして最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病治療

健康な状態

健康な歯肉の人でも歯と歯肉の境目には1~3mmの浅い溝があります。

CHECK

歯の周りに食べカス(プラーク=歯垢)が残ったままでいると溝に細菌が入り込み、その細菌が毒素を出し、歯肉が腫れたり出血しやすくなります。

CHECK

※この段階で毎日しっかりと正しいブラッシングを続ければ症状は進行しません

軽度歯周病

歯肉炎の状態が長く続くと溝が深くなり、歯周ポケットが出来ます。
ポケット内に付着した毒性の強い細菌が歯槽骨を溶かし始めます。

CHECK

中度歯周病

歯石がたまり、歯周ポケットが深くなり、炎症が慢性化し歯槽骨が
溶け出します。

CHECK

重度歯周病

歯槽骨がほとんど溶けてなくなり、歯の根が見えてきてちょっとした刺激で歯が抜けてしまうこともある。

治療方法

歯周病治療は、重度になると治療が難しく、重度になる前に適切な治療をする事が大切です。
歯周病が進行していると考えられる患者様には、ご本人の自覚がない場合でも、歯周病についての説明を行うよう心掛けています。

治療には、歯科医院でのスケーリングと組み合わせて、ホームケアの指導、歯科医院でのクリーニングがありますが、状態が重度な場合は手術を行う事もあります。

治療を先送りしても、決して歯周病は良くなりません。歯周病は絶えず悪化していき、
歯を支えている骨を失う病気です。
そうなると、ブリッジや部分義歯、インプラントなどといった歯を補う方法を探らなければなりません。

きちんと予防、治療を行う事で、細菌を取り除き、症状を抑えることが出来ます。
細菌を取り除き、症状を抑えることが出来れば、歯周病によって歯を失う事はありません。

  • 医院紹介
  • 初診の方へ
  • 保険診療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科

電子書籍はコチラから!

ページの先頭へ