インプラント

津高台グリーン歯科 >> インプラント

インプラント

インプラント治療とは、不慮の事故、病気、年齢的な問題などで歯を失ってしまった時に、人工の歯を埋め込み、元の歯のように機能させる方法です。
顎の骨に直接骨の代わりになる物を埋め込み、この上から人工の歯を被せます。直接埋め込むため、今までの入れ歯と違いぐらつく事や、噛み合せが悪いなどといった問題を解決することができます。

インプラント治療には、失った天然歯を取り戻すという魅力があります。楽しく笑えて、おいしく食事が出来る、それらをインプラントによって再現できるのです。 インプラント治療の安全性は長年の研究と実績で証明されています。治療自体に安全性が証明されているのならば、患者さまの不安を取り除くのは歯科医師の確かな技術と信頼関係です。

治療の比較

歯を補うには、インプラント以外にも入れ歯やブリッジといった治療法があります。
どの治療にもメリット・デメリットがありますので、それらを確認して治療方法を選択することが大切です。

  メリット デメリット
インプラント
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 骨に埋め込むため安定感がある
  • きちんとしたメインテナンスによって
  • 長期に渡って使用できる
  • 噛み合せが安定する
  • 保険適用外のため費用がかかる
  • 顎の骨に直接埋め込むため、外科手術になる
  • 治療期間が長い
入れ歯
  • 残った歯を削る必要がない
  • 保険適用内なら費用の負担が少ない
  • 噛む力が弱い
  • バネを使うので、隣の歯に負担がかかり、装着時に違和感がある
ブリッジ
  • 固定式なので違和感がない
  • 保険が適用される事がある
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えになる歯に負担がかかり、むし歯になりやすくなる

治療の流れ

検査・カウンセリング

インプラントをご希望の患者様には、お口や骨の状態を調べるための検査と治療のカウンセリングをさせていただきます。

詳しい治療内容や費用の事などを説明させていただき、納得していただけた場合、手術のための準備をします。
検査では、できるだけ正確なデータを取り、それを基に手術の計画を立てていきます。

↓

インプラント手術

この手術で、歯の根元の代わりとなるチタン製の土台を骨の中に埋め込みます。 埋め込んだあとは骨との結合を待つため、上から歯ぐきを被せ、骨とインプラント体が結合し、安定するのを待ちます。

インプラント体と骨が結合した事を確認できたら、その上に人工の歯を装着し、咬み合わせを調整して手術は終了です。

↓

メンテナンス

人工の歯は虫歯になる事はありませんが、土台を支える歯ぐきや骨は自分の本来のものなので、当然病気になる事もあり、それが原因でインプラントが早期に抜けてしまう事もあります。
それを防ぐために最低でも半年に1回は定期的にメインテナンスを心掛けましょう。

                      
  • 医院紹介
  • 初診の方へ
  • 保険診療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科

電子書籍はコチラから!

ページの先頭へ